HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2011年1月アーカイブ

院長ブログ 2011年1月アーカイブ

セミナー

こんにちは。松尾です。

昨日セミナーに行ってきました。

ちなみにセミナーは外科学や画像診断、神経病などのさまざまな分野で

大学教授などの専門の先生を講師として各地で実施されています。

当院スタッフも最新の情報を手に入れるため、出来る限り行くようにしています。

内容によってはその日限りなどの貴重なセミナーもあるため、

場合によっては休診とさせていただくこともあると思いますが、

すべては将来の動物たちのため。皆様のご理解頂ければと思います。

 

さて、昨日は何のセミナーかというと

「グリーフケア」というテーマでのセミナーでした。

グリーフとは非常に端的に訳すと「悲しみ」という意味です。

愛するわが子が具合が悪い時に、不安に思うその親心をどう共有して、手助けをできるかという内容です。

なかなか実施されていなく、また関心がまだ少ないものですが

当院スタッフは、我が子と思って治療するよう、家族の立場になって相談できるために

こういったセミナーを積極的に参加していきたいという気持ちが強いです。happy01

現代ではさまざまな家庭環境や多種多様な考え方、金銭感覚の違いが存在するので

なかなか相手の立場に立つということが難しいですが

コミュニケーションをうまくやりとりすることで

動物たちにとって、またその家族にとって最適な医療を提供できると思っています。

些細なことでも、また非常に悩んでいることでもお気軽にご相談ください。

もちろん獣医でも構いませんし、他のスタッフでも構いません。

病院全員なんでもご相談・ご質問喜んでお受けしますsign03 


2月の勤務表

2月勤務表をアップしました。

2月6日に変更がありますのでご注意ください。


アステール動物病院の由来

こんにちは。松尾です。

今日はアステール動物病院の由来をお話します。

 

もともとアステール動物病院という名前にしようと決めていたわけではありませんでした。

「All care animal hospital」 「オールケア アニマルホスピタル」

という名前にしようかと開業準備中に考えていたのですが

ふと出てきた名前がアステールでした。

アステールという名前に色々ご縁があったため急遽変更・決定したのです。

 

"Aster"とはアステール、アスターとも読め、

ギリシャ語で「星」を意味します。

またキク科の植物のことでもあり、シオンなどがその1種であります。

(もともとギリシャ語の星に由来し花を星に見立てたことから付いた名前だそうです)

その花から付けられた紫苑色は日本古来の色の名前で明るい紫、青紫色です。

元々

紫色が好きだったこと

紫苑という名前が好きだったこと

Blue Asterという名前の教会にご縁があったこと

これらのことからアステール動物病院という名前に決めました。

これからも正しく、確かな道しるべとして、輝き続ける「星shine」となれるよう

皆様のために良い治療・良い情報を提供していきたいと思います。

 

 


1月勤務表

1月勤務表をアップしました。

日曜日の診察時間が変更になりますのでご注意ください。


初ブログ

はじめまして。

アステール動物病院院長の松尾です。

当院は2010年5月5日に開院した病院です。

まだまだ新しい病院ですが、皆様のお役に立てるようにスタッフ一同がんばっておりますので

応援よろしくお願いします。

このブログでは、当院のことはもちろん、病気のこと、獣医業界のことなど

色々書いていきたいと思っています。

よろしくお願いいたします。


1

メインページ | アーカイブ | 2011年2月 »

このページのトップへ