HOME > その他 > クッシング症候群 > クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)

その他

< 免疫介在性溶血性貧血  |  一覧へ戻る  |   アジソン病(副腎皮質機能低下症) >

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)

① クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)の概要

クッシング症候群は、副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が過剰に分泌されることで、様々な症状が引き起こされる病気です。副腎は生きるためにとても大切な器官なので、その異常は体に大きな影響を及ぼし、さまざまな変化を与えます。
主な症状として、お腹が膨らんだり、左右対称の脱毛、皮膚が弱々しくなる、多飲多尿、寝てばかりいる、食欲が増す、体重が落ちるなどの変化が現れ、糖尿病を併発することもあります。
しかし、食欲が落ちないから大丈夫、脱毛は年をとってきたから、など飼い主さんの思い込みも多く、この病気に気づいた時にはだいぶ病状が進行していることもあります。
そしてさらにその状態が続くと、感染症にかかりやすくなる、糖尿病、高血圧症、心不全、行動の変化や発作などの神経症状などを起こす場合もあり、命の危険を伴います。

② 症状

クッシング症候群は、副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が過剰に分泌されることで、様々な症状が引き起こされる病気です。副腎は生きるためにとても大切な器官なので、その異常は体に大きな影響を及ぼし、さまざまな変化を与えます。
主な症状として、お腹が膨らんだり、左右対称の脱毛、皮膚が弱々しくなる、多飲多尿、寝てばかりいる、食欲が増す、体重が落ちるなどの変化が現れ、糖尿病を併発することもあります。
しかし、食欲が落ちないから大丈夫、脱毛は年をとってきたから、など飼い主さんの思い込みも多く、この病気に気づいた時にはだいぶ病状が進行していることもあります。
そしてさらにその状態が続くと、感染症にかかりやすくなる、糖尿病、高血圧症、心不全、行動の変化や発作などの神経症状などを起こす場合もあり、命の危険を伴います。

 

IMG_0510.jpg

↑石灰化と呼ばれるクッシング症候群に特徴的な重症化した皮膚の症状。
白く見えるのがカルシウムなどが付着(石灰化)したもの。

 

③ 治療と診断

ホルモン検査を実施することで診断します。副腎を刺激する注射をしてその前後で副腎ホルモンの濃度を比較測定する方法が一般的です。また腫瘍でないかどうかレントゲンやエコー検査などの画像診断も行われます。
クッシング症候群の治療は、一般的には薬物治療が主となりますが、場合によっては外科手術や放射線治療も行われます。
予防としては、早期発見・早期治療が重要です。気になる症状が見られる際には、動物病院の診察を受けるようにしましょう。副腎皮質ホルモン剤の投与を受けている場合は、勝手に飲ませるのを止めたりせず、必ず動物病院に相談するようにしましょう。全身に症状が出てしまう怖い病気ですので、多飲多尿という症状が最初に出てくることが多いので、お水をたくさん飲むなと感じたら、すぐに動物病院へご相談することをお勧めします。

 

↓前の写真の子を治療してすこし落ち着いた段階。

新しいイメージ.JPG

 


カテゴリ:

< 免疫介在性溶血性貧血  |  一覧へ戻る  |   アジソン病(副腎皮質機能低下症) >

同じカテゴリの記事

このページのトップへ