HOME > その他 > アーカイブ > アジソン病

その他 アジソン病

アジソン病(副腎皮質機能低下症)

① アジソン病(副腎皮質機能低下症)の概要

アジソン病は、副腎皮質ホルモンの分泌量が低下することで起こる病気です。
これは、副腎皮質自体が免疫を介して破壊されたり、腫瘍や薬剤などで破壊されたりして起こる場合と、
副腎皮質に指令を与える視床下部や下垂体に異常があって起こる場合があります。
この他、長期間または大量の合成副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)治療を突然やめた場合(医原性)に起こることもあります。
主な症状として、食欲の低下や元気の消失、嘔吐、下痢などの症状が現れます。
多くの場合、なんらかのストレスを受けた後に現れます。

② 症状

慢性と急性で様々な症状があり、急性では命に関わることもあります。
慢性のものでは、食欲が落ちる、元気がなくなる、吐いたり下痢を繰り返す、体重が落ちる、無関心、震え、水を大量に飲む、尿の量が増えるといった症状がみられ、この症状は良くなったり悪くなったりを繰り返します。
また、水をたくさん飲む、尿の量が増えるといった症状がみられることもあります。
急性のものでは、急に元気がなくなり、ふらついたり倒れたりし、ショック状態に陥り、迅速に治療をしなければ、命に関わることがあります。
これらの症状は、犬がなんらかのストレスを受けたときに現れます。
アジソン病がよく見られる犬種としては、ビーグルやスタンダード・プードル、コリー、グレート・デーン、ロットワイラー、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアなどがあり、若齢から中高齢(平均4歳)の発症が多く、特にメスによく見られます。

③ 診断と治療

急性では緊急治療を、慢性では副腎皮質ホルモンを生涯にわたって投与します。
急性の症状の場合は、ショック状態の改善などのため、緊急治療が必要となります。
急性からの回復後や慢性の場合は、不足している副腎皮質ホルモンの補充療法を生涯にわたって行います。
医原性に起こったものでは、自分で副腎皮質ホルモンをつくれるようになれば、投薬が不要となることもあります。
アジソン病の予防としては、早期発見・早期治療がなによりも大切ですので、上記の症状が現れてた際には、すぐに動物病院へ連れ行きましょう。

IMG_1475.jpg

 

海外でしか扱っていないアジソン病の治療薬(注射)です。これであれば、約25日に1回の割合でホルモン補充を行うことができます。

 


1

メインページ | アーカイブ | クッシング症候群 »

このページのトップへ