月別 アーカイブ

HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2011年12月アーカイブ

スタッフブログ 2011年12月アーカイブ

お世話になりました

今年も今日でおわりshineですね。

皆さん、今年も大変お世話になりましたconfident

今年は振り返ってみると各地で災害や事故があり、忘れられない1年となりました。アステールにも福島より避難してきたオーナーさんのワンちゃんを一時預かりを行ったり、一時的にワンちゃん、ネコちゃんを預かっていらっしゃるボランティアの方も多数来院されました。今年の言葉はですが、いろいろな場面でその言葉を感じることがありました。

私自身、私事で恐縮ですが、今年8月よりこちらで働くことになり、5か月が経過しました。最初は慣れずに戸惑うことも多く、皆様にもご迷惑をおかけしましたが、元気になりました~goodとおっしゃるオーナーさんや新しい家族が増えました~dogcatと来院していただくオーナーさんに力をいただきました。

来年もまたわんちゃん、ネコちゃんの健康のサポートを頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。


通常診療しています

ここ数日お問い合わせが多いですが、

今日は通常診療(9:00~19:00)しておりますsign03

なお、明日からの診療ですが、

12月31日~1月3日は

緊急診療のみ受付(9:00~19:00)となります。またその期間は一般の診療費のほかに緊急費用が発生いたしますのでご了承下さい。フードやお薬もお渡し可能ですが、スタッフの人数が限られますので、来院前に必ずお電話下さいsign03

人間同様、ワンちゃん、ネコちゃんも食べ過ぎに気を付けて健康的な年明けfujiを迎えられるようにしましょうね。


お手入れ

気付けば今日はもう29日今年もあと3日。いろいろとまだ片付いていないと焦る気持ちはありつつもなかなか手に付かないで終わってしまいそうです...bearing

ここ数日、爪切り、耳掃除、肛門腺絞りといったお手入れで来院するワンちゃん、非常に多いです。やはり年越しはさっぱりと過ごしたいですもんね。

また、トリミングも早々と今年の予約は埋まってしまい、ご希望の方全てに対応出来ず、ご迷惑をおかけしました。1月も年始は予約が入り始めていますので、ご希望の方はお早目のご予約をお勧めします。

年内の通常診療は明日30日までとなります。混みあう事も予想されますのでお時間に余裕をもってお早目に来院下さい。

年末年始も急患、フードやお薬のお渡しは対応していますので、まずはご連絡ください。


帰りました^0^

先日パルボウイルスに感染した猫ちゃんが入院してきました。

下痢がひどく、食欲もなく、体温も低い状態でかなり危険な状態でした。半ノラちゃんなのですが、なんとか助けてあげたいとオーナーさん。

先日紹介した保育器(早速活躍sign03)で温度管理をしながら点滴と鼻からの栄養チューブが頼みの綱。一時はぐったりとしていたものの、食餌も自分でとれるようになり、まだ下痢は続いているものの、峠は越せたかなsign02今日、無事退院してオーナーさんの元へ帰って行きました。

しばらくはまだまだオーナーさんにお世話をしてもらう必要がありますが、元気になってくれてよかったですねnotes


カサカサ

毎日、乾燥していますね。スタッフは水仕事が多いため、手がカサカサですwobbly

ワンちゃんをおうちで洗うおうちも多いかもしれませんが、夏の間はとくに問題なかったのに、冬に同じシャンプーを使ったら、皮膚がカサカサでフケがでるということもあります。

日本は季節で全く違う気候ですので、湿度や温度もその時期その時期で異なりますよね。シャンプーも季節に合わせて組み合わせる必要がある場合もあります。

冬場に乾燥気味になるわんちゃんには保湿性シャンプーへ変更したり、シャンプー後に少ししっとりするリンス効果のあるスプレーをしたりといった方法があります。

皮膚のケアでお悩みでしたらご相談くださいhospital


インフルエンザ

少し前にニュースでインフルエンザが流行し始めたと言っていました。今年もインフルエンザ始まりましたねwobbly

皆さんはもうワクチン打ちましたかsign02アステールではスタッフ全員交代でワクチンを打ちに行ってきました。

とても注射を怖がるスタッフがその中で1名・・・・・いますbearing

注射の打つ日が近づいてくると、ヤダヤダと言って当日、病院で順番待ちをしているときは緊張で手が冷たくなる様子。

その様子を見ていて、あ~ワンちゃん、ネコちゃんもこんな感じなんだろうな~と実感しましたthink連れて行かれる場所がわからないままケージに入り、診察台に載ってみると、ここはどこsign02という感じはまさに恐怖ですよね。

今までも診察の際、あまり大きい(低い)声を出さないようにしたり、なるべく緊張がないように触ったりと思っていたのですが、より一層気をつけなきゃと痛感した出来事でした。

 


クリスマスイヴですね

今日はクリスマスイヴxmasですね。雪は降らなそうですが、更に寒くなりましたね。外のイルミネーションもきれいshine夜はおうちでワンちゃんネコちゃんとおいしい食事restaurantdeliciousのかたもいらっしゃるのでしょうか。

ここ数日、吐いたり下痢したりとやはり胃腸障害で来院される方も増えています。クリスマスの時期ですと、チキンを盗み食いして骨ごとかなり食べちゃったというワンちゃんもいます。

食べ物の気を付けて楽しいイヴをお過ごしくださいねhappy01


3連休♪

今日からみなさんも3連休という方も多いのではないでしょうか。クリスマスxmasの予定は皆さんお決まりですか?今年は震災の影響からかおうちで家族とクリスマスを過ごすという方が増えているようですね。

アステールは相変わらず通常通り診察しています。ちなみに年末の診療ですが、

12月30日まで⇒通常診療

12月31~1月3日⇒一般診療はお休み

上記の期間は緊急診療は行いますので診療希望の方は電話にてご連絡ください。また、薬やごはんの受け渡しは可能ですが、人数が少ないため、事前のご連絡をいただいて来院時間を指定させていただきます。あらかじめご了承くださいconfident


猫パルボウイルス感染症

今日も寒いですね。今日はネコちゃんのウイルス病の一つ、そして恐ろしい病気のパルボウイルス感染症についてのお話です。

猫パルボウイルスに感染すると、成猫の場合はほとんど無症状ですが、まれに急性腸炎と白血球の減少が見られることがあります。子猫の場合は、急性腸炎を起こし、食欲不振、元気消失、40〜41℃の高熱、持続的な嘔吐と下痢が認められ、その結果、激しい脱水を起こします。

嘔吐した場合、胆汁(黄緑色)を含んだ液状の吐物が見られます。また、下痢は激しく、水様性〜粘液性で血が混じることがあります。胎子や新生子のうちに感染した場合は、中枢神経や胸腺が障害を受け、運動失調や震戦(しんせん:ふるえ)などの神経症状が出ることもあれば、新生子のうちに死亡してしまうこともあります。
また白血球の減少が生じることがあり、手当てが遅れると、細菌の二次感染による敗血症などを起こし、死亡することがあります。

原因として、すでにこの病気に感染している猫ちゃんの排泄物(尿や便、唾液など)中には猫パルボウイルスが含まれているため、触れ合ったり、その排泄物をなめたりすることで感染が起こります。また、猫パルボウイルスは外界で1年以上も生存できるため、環境中のあらゆる場所に存在する可能性があります。このため、感染猫と直接接触していなくても、感染猫が触れたケージやブラシ、飼い主の衣服などから感染が起こる可能性もあります。

治療法ですが、猫パルボウイルスに直接効果がある薬剤はありません。このため、対症療法が主体となります。下痢や嘔吐などにより脱水症状を起こしている場合は、輸液療法、ほかの感染症にかかるのを防ぐために、抗生物質を投与する場合もあります。

多頭飼育の場合は、感染拡大を防ぐために感染した猫ちゃんをを隔離して、食器やトイレ、猫用ベッドなどは塩素系消毒剤などを用いて消毒する必要があります。

猫パルボウイルス感染症の予防には、ワクチン接種が有効です。子猫を飼い始めたら、すぐに動物病院で健康診断を受け、ワクチンを接種する時期や回数について相談してくださいね。大人の猫ちゃんも、年に1度のワクチン接種を欠かさずに行いましょう。


毎日寒いですねbearing皆さん、体調はいかがですか?

最近増えているのが、咳がひどくなったという症状。みなさんのワンちゃんは大丈夫ですか?

咳にもいろいろと原因がありますが、乾いた咳が長く続くときは、気管支炎や扁桃腺炎、咽頭炎、ウィルス性のカゼであるケンネルコフなどが考えられます。

また、痰がからんだような咳が続くときには、フィラリア症や肺炎、寄生虫による病気、ガンなどの可能性があります。

日中には出ないのに、夜になるとよく咳をするようなら、肺水腫などの心配もあります。

わんちゃんによっては、夜中や明け方などに咳がひどくなる子もいるので、ときどきはこうした時間帯clockに愛犬が咳をしていないか気をつけて観察してみることも大切です。

また病気だけではなく、喉に何かが詰まっているときや、肋骨が折れてしまっているときなどにも、犬は苦しそうな咳をすることがあります。愛犬が苦しそうな咳をしていたら、まずは喉に何も詰まっていないか、ケガはしていないか、確認してみることも大事ですsign03

咳が続いているようでしたら、できるだけ早く病院に行きましょうdash病院に行く際には、咳をよくする時間帯や、吐いたものなどについてなど教えていただけると助かります。


123

« 2011年11月 | メインページ | アーカイブ | 2012年1月 »

このページのトップへ