月別 アーカイブ

HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2013年7月アーカイブ

スタッフブログ 2013年7月アーカイブ

浪漫飛行。

んにちは、大久保NEWSのお時間ですtv

アメリカより、とっても素敵なお写真が届きましたhappy01shine

こちらをご覧ください↓↓↓

20130724-00000071-reut-000-view.jpg空のお散歩を楽しんでいるのは、オーストラリアン・キャトル・ドックのシャドー君とハンググライダーインストラクターのマクナマスさんですcloudsun

かなり凛々しくたくましい表情を浮かべるシャドー君ですが、前足はしっっっっかりとマクナマスさんの腕を掴んでいます (笑)

か、か、か、

かわゆすぎるーーーーーーーーーbearingheart04!!!!!!!!!

若干リチャード・ギア似に思えるイケメン マクナマスさんですが全般性不安障害という心の病気を患っています。全般性不安障害とは、心配事が次から次へと表れ心を占領してしまう病気です。

常に心配事があり体が緊張している為、身体的にも肩こりや頭痛、筋肉のケイレンなどの症状が現れたり、睡眠障害をも引き起こしますtyphoon

 

はシャドー君、shine精神障害者補助犬shineとして常にマクナマスさんと行動をともにし、病気の治療に当たっているのですよhappy02sign03

マクナマスさんにとってシャドー君の存在は最高の特効薬であり、多くの症状を抑える事ができているそうですhospital

 

 

このNEWSを読み、はじめて『精神障害者補助犬』という存在を知りました。

日本には『身体障害者補助犬法』という法律がありますが、それで定められている身体障害者補助犬は盲導犬・聴導犬・介助犬のみですdash

精神障害者補助犬がまだまだ日本になじみがない事がわかります。

しかし、精神障害者補助犬とまではいきませんが、近年日本の医療の現場でも動物介在療法が大きく注目されていますsign03sign03

動物介在療法とは・・・

定められた基準を満たした飼い主と動物を医療専門家のプログラムに介在させた治療法の1つで、人の身体的、社会的、感情的、認識的な機能の改善を促進しますeyeglass

なんだか難しい説明になってしまいましたが、動物が私達に与えてくれる癒しが身体的にも精神的にも大きな栄養素となり、健康へ導いてくれると言う事ですgoodupshineshine

 

愛犬・愛猫家の皆さんでしたら、日々の生活の中でペットが生み出すそのような効果を大いに感じる事が出来ているのではないかと思いますfull

 

あぁ・・・愛ですね、愛。

プライスレスの愛ですね。

最高ですheart01

 

そりゃあね、癒しを貰っているばかりじゃあダメですよねheart03

癒しを貰う代わりに、愛犬・愛猫には最高の安心・安全を用意してあげないといけないですよねdanger

健康によい食餌と清潔な環境、優しい家族、安全なお家・・・

私達がいつも元気で居る事も、ペットにとって重要な安心・安全ポイントだと思いますtulipbud

私達が不健康だと、ペット達は不安になり健康まで害してしまう子も珍しくありませんcrying

 

ステール動物病院では、

『ペットの健康は、オーナーさんの健康からtulip

を合言葉に、グリーフケアアドバイザーの阿部美奈子先生をお招きしてオーナーさんのグリーフケアについて学んでいます。

 

アステールに来るとなんだか安心する・・・cute

 

そんな温かい場所を目指し、ペットが主役の獣医療を提供できるよう頑張ります!!


☆トリミング☆

 

 コロくん

IMG_8402[1].jpg

 ナナちゃん

IMG_8404[1].jpg

 ルルちゃん

IMG_8417[1].jpg

 ピッピちゃん

IMG_8416[1].jpg

プーちゃん 

IMG_8426[1].jpg

 チーズちゃん

IMG_8440[1].jpg

 クッキーちゃん

IMG_8472[1].jpg

 

 メイちゃん

IMG_8511[1].jpg 

 プリンちゃん

IMG_8510[1].jpg 

 もーたん

IMG_8500[1].jpg 

 真美ちゃん

IMG_8539[1].jpg 

 ラーラちゃん

IMG_8568[1].jpg

 

 うるるちゃん

IMG_8641[1].jpg

 

 チャメちゃん

IMG_8714[1].jpg

 

 

 かりんちゃん

IMG_8678[1].jpg

 

 ジャンボちゃん

IMG_8729[1].jpg

 

 

 そらちゃん

IMG_8558[1].jpg 

 トトちゃん

  IMG_8530[1].jpg

 クーちゃん

IMG_8600[1].jpg

 レオちゃん

IMG_8619[1].jpg

 ココちゃん

IMG_8612[1].jpg

 マリンちゃん

IMG_8626[1].jpg

 

 こむぎちゃん

IMG_8636[1].jpg 

 かのんちゃん

IMG_8647[1].jpg 

 

 まりもちゃん

IMG_8758[1].jpg

 

 

 コロちゃん

IMG_8765[1].jpg

 

 ソラちゃん

IMG_8750[1].jpg

 

 青空ちゃん

IMG_8769[1].jpg

 

 モモちゃん

IMG_8774[1].jpg 

 

 しんぞうちゃん

papi.jpg 

 


☺観葉植物☺

IMG_9111.JPG

病院には所々に観葉植物が置かれています bud

観葉植物を愛してやまないスタッフがお世話をしています。

中にはなかなか育てるのが難しい植物もいるみたいで枯れてしまうことも・・・weep

もしかしたら、光合成が必要なのかもしれませんが・・・(観葉植物の知識がないので憶測ですが coldsweats01 )

院内に緑や花があるだけでも待合の雰囲気も違いますよね?

待合室や診察室はリラックス出来る空間づくりを目指したいと思っています。

自宅のサボテンを枯らした経験はある私ですが、なるべく院内の観葉植物達には気を使うようにしようと思います happy02 

 


結婚式

こんにちは、何やらおかしな天気が続いていますが皆様体調は崩していませんか?

獣医師の鈴木です。

実はこの土日お休みを頂いて山形まで行ってまいりました。

えぇ、タイトルの通り友人の結婚式です。

初めて同級生の結婚式に出席したんですが、

いやー結婚式っていいもんですねー

目頭が熱くなりましたよweep

懐は寒くなりましたけどね..

まだ出席する予定の結婚式があるのでまた幸せを分けてもらいたいと思いますshine

くっそーみんなお幸せにsign03


わんちゃんの肥満細胞腫

こんにちは。獣医師の横田です。happy01

海っていいですね~wave自然と戯れていると、すごく楽しいですよね。

さて、今日はワンちゃんのできものである、肥満細胞腫についてお話しいたしますpencil

これは、ワンちゃんで見られる皮膚の腫瘍で、できてしまう原因ははっきり分かっておりません。

おもに皮膚にできますが、消化管や肝・脾臓などほかの臓器に出来ることもあります。また、リンパ節や肝臓、脾臓に転移することもあります。

形や硬さは様々で、検査をしないと肥満細胞腫なのか、他の腫瘍なのかを判断することはできません。

この腫瘍細胞が持つ成分により(ヒスタミン、ヘパリンなど)胃・十二指腸潰瘍などを引き起こすここともあります。またこれらの物質は、触ったりする刺激により腫瘍細胞から放出され、腫瘍周囲の赤み、腫れ、血圧低下、嘔吐などを起こすことがあります。

治療としては、内科療法、外科療法、放射線療法などがあります。その子のご状態や、飼い主様のご意向を伺いながら、治療方針を決めていくことになります。

皮膚のできものが気になっていませんかsign02まずは、病院にてご相談くださいね~


!研修!

こんにちは!看護師の村山ですsun

 

本日はアステール動物病院を飛び出しdash

東京の動物病院へ見学に行ってまいりました!dog

私、東京に来ると70%の確率で迷子になります・・・

案の定地図が読めず。。。優しそうな人に道を尋ねつつ、無事お世話になる病院に到着いたしました。

 (心優しい荒川区民の方々、ありがとうございましたm(__)m)

 

みなさん、動物看護師の仕事というと、どんなことを想像されるでしょうか?大まかにいうと、獣医師の診療のサポートというところでしょうかhospitalその中で、看護師の役割は病院によって様々です。法律できちんと整備されていないため、その病院の院長が看護師の仕事を決めるといっても過言ではないです。

今回見学させていただいた病院も、診察のシステムも看護師の仕事内容等、アステールとは違う事が多く、とても刺激的な一日になりましたshine

今回の経験をアステールに還元して、よりよい病院にしていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いしますnote

 


待合室で一呼吸~☆

こんにちはトリマー渡辺ですclock

待合室ではこの時期、暑さや緊張で喉がカラカラsunになってしまうワンちゃんネコちゃんも多いと思いますthinkdanger

この前は飼い主さんのためのcafeCAFFEcafeを紹介しましたが、今回はペットのための水分補給所のご案内pencilshine

CAFFE用もペット用も、このウォーターサーバーの美味しいお水でどうぞsign01sign01

棚の下にはペット用の食器が常時置いてありますので使って下さいねhappy01sign03

お湯も出ますがイタズラ防止で少し難しいかと思いますので分からなければスタッフにお声かけ下さいgood

そして、使い終わった食器はスタッフまでheart 

IMG_8390[1].jpg

 


海外研修

松尾です。

先週長くお休みいただいて申し訳ございませんでした。

無事海外での研修を終えて帰国しました。

 

 

↓研修終了の証書をもらった時の写真です。男性の方が外科専門医の教授です。

女性がコーディネーターの女性獣医師です。

IMG_0852.jpg

 

 

主に肝臓外科と気管などの上部気道外科の実習をしてきました。

非常に厳しいスケジュールでしたが、すごく良い経験になりました。

ぜひともこの経験を還元できるように日常の診療に反映していきたいと思います。

また研修の時の話は後日ご報告いたします。

 

 

 

 


なごり雪的。

大久保ですtaurus

お休みの日に水族館へ行ってきましたpisceswave

アローンですあろーん。女のアローン水族館ですよgawktyphoon

平日なので空いているだろうと思いましたが、お子様連れやご年配の方達が結構いらっしゃってましたね。驚いたのは、私のようなアローン女子もチラほらいた事sign01女子は一人でラーメン屋に入れるようになったらやっと一人前ですからpunchdash(←持論)水族館なんて序の口fujisun日々修行中です。

 

  IMG_9087.JPG々なお魚を見る事が出来ましたが、notesイルカショーnotesにはホントに感動しましたーcryingshineイルカと調教師さんの二人三脚ぶりを見て、胸にこみ上げて来るモノがありましたsweat01

言葉の通じない、住む場所も違う生物とあそこまで意志の疎通ができるなんて、不思議で素敵すぎますdangerdangerdangerネットでちょちょっと調べてみると、イルカの調教方法の一つに、『オブザベイショナルトレーニング』というものがあり、なんとsign03sign03イルカ同士がその行動を見て学び、真似していくことで様々な技を覚えていくんだとかhappy02upshineshine

人間による調教いらずです!!!!頭いいっっっっっ!!!!

 

ルカは声帯を持たない代わりに噴気孔近くにある6個の気嚢(きのう)を用いて約30種類程度の識別可能な音を使って音声によるコミュニケーションを行っているようですが、まだ「イルカ語」として確認できてはいませんflair

しかし、例えイルカ語がわからなくても、調教師さんとイルカさんがアイコンタクトをしている様子からは間違いなく絆を感じる事ができましたheart

 

とは比べ物にならないような狭いプールで一生を過ごす水族館のイルカ達・・・

その事実を思うと今までイルカショーも見る気になれなかったのですが、今回調教師さんに見守られながら一生懸命演技をし、大きな歓声を浴びるイルカ達を見て、この子達はこの子達なりの幸せを感じてココで生きているんだなあとしみじみーな大久保。。。confidentcherryblossomjapanesetea

『幸せってなんだっけ?????』な方、是非イルカショーへsign05

 

 

ちなみに。

 

 

調教師のお兄さん、笑顔が素敵なイケメンでしたよーlovely

 


☆掲示板☆

 こんにちは、菊地です cat

当院の受付の横にある壁には里親募集迷い犬を保護しています探してますなどの掲示をしています。

掲示の際は皆さんに手作りのポスターを持参していただいております。

少しでもアステールに来院される方の目に留まって協力できたら幸いです confident 

小麦.jpg

探されている方の気持ちを考えると1日も早く見つかる事を祈っています( hospital スタッフ一同 ) 

 


1234

« 2013年6月 | メインページ | アーカイブ | 2013年8月 »

このページのトップへ