月別 アーカイブ

HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2014年9月アーカイブ

スタッフブログ 2014年9月アーカイブ

★PEPPY★

こんにちは、菊地です cat

気付かれている方もいるかと思いますが、先日からPEPPY秋冬号を置いています。

今年も明日で10月。。。。早いですね maple

中身は秋冬に活躍しそうなクッションやベット、猫に関してはカワイイちゃんちゃんこがいろいろと掲載されていました(見てのお楽しみ catheart04 )

入り口近くに置いてありますので、ご自由にどうぞ happy01

IMG_8061.JPG


トリミング

ココちゃん

IMG_8009[1].JPG 

 真美ちゃん

  IMG_8027[1].JPG

 マロンちゃん

  IMG_8044[1].JPG

 ももちゃん

  IMG_8053[1].JPG

 ピースちゃん

  IMG_8057[1].JPG

 チョコちゃん

  IMG_8082[1].JPG

 ぷちゅちゃん

  IMG_8088[1].JPG

 チョロちゃん

  IMG_8091[1].JPG

 こてつちゃん

  IMG_8109[1].JPG

シュウちゃん

IMG_8105[1].JPG

 

 トトちゃん IMG_8121[1].JPG

クレアちゃん

  IMG_8126[1].JPG

 抹茶くん

  IMG_8139[1].JPG

 あずきちゃん

  IMG_8157[1].JPG

きなこちゃん 

  IMG_8194[1].JPG

nanoちゃん 

  IMG_8209[1].JPG

 チョッパーくん

  IMG_8214[1].JPG

 レオンくん

  IMG_8232[1].jpg

 シフォンちゃん

  IMG_8247[1].JPG

ショコラちゃん 

  IMG_8246[1].JPG

まりもちゃん 

  IMG_8274[1].JPG

 クーちゃん

  IMG_8266[1].JPG

 ゆず吉くん

  IMG_8292[1].JPG

 もーたん

  IMG_8385[1].PNG

 そらくん

  IMG_8389[1].JPG

 ランちゃん

  IMG_8412[1].JPG

 

 ソラちゃん

IMG_8434[1].JPG


あこがれの6パック

こんにちは!月曜日です!鈴木です!

最近生まれて初めての体験をしました。

それは、腹筋ローラー!!

参考画像

腹筋ローラー.jpg

セミナーにて講師の獣医師が筋トレで腹筋ローラーを使っていると言う事を、お聞きした事がきっかけで興味がわいたんですが...

そしたらなんと、松尾先生が持っていると言うではありませんか(笑)

さっそくスタッフで挑戦してみましたgood

「キツイキツイとは聞くけど何回かは出来るでしょー」とか思ってました。

そんな自分を殴ってやりたいpunch

えぇ、正直ナメてました...本当に申し訳ありませんでした...

何回出来たのかって?

 

一回もできない

 

いや~これものすごいツラいんですね...

ビックリしましたよcoldsweats02

でもこれを続けたら憧れだった6パックになる事が出来そうですbomb

参考画像『これが6パックだ!!』

シックスパック.jpg

楽しそうですね。

半年後バッキバキに腹筋の割れた鈴木を楽しみにしていてくださいflair

それでは今週はこの辺でpaper


創外固定について

こんにちは、獣医師の横田ですhappy01
今回は、創外固定についてお話させて頂きます。

骨折を治していくには、(骨を作る)細胞や血行、サイトカインが重要です。
サイトカイン(細胞から分泌される生理活性された蛋白)は骨を作る元の細胞を増やし、骨細胞への分化を誘導し、骨を作っていきます。

わんちゃんの四肢の骨折では、ピンニングやプレート、創外固定などで治療されることが多くあります。

創外固定のメリットは、骨折を治すための細胞やサイトカインを阻害しないことから、生体の持つ生理的治癒力を損なわずに、より早く確実に骨折の治療を行うことが可能です。

創外固定は見た目が特殊で、手や足の外側にピンなどの金具、パテが出ているものです。通常はこの上に包帯など巻物をしているので、これらが直接お家の方の目に見えることはありません。
外側にピンが出ているため、感染しない様に定期的に消毒、巻き直しさせていただいています。

術後、骨折部の改善を見ていくために、定期的なレントゲン撮影も行っています。

数ヶ月後、改善が認められた際にこれらをはずしていきます。
外したらすっきりですねhappy01

何か、気になることがありましたら、お声をお掛けくださいね〜







高速メモ!((φ(。_。;)φ))。_。;)φ))。_。;)φ))φ))シュタタタタタ!

こんにちは!村山ですaries

いきなりですが、医療現場では常にお勉強の毎日ですpencil

よりよい医療を行うために、常に新しい情報にアップデートする必要がありますflair

 

昨日から3日間、獣医業界では結構大きいフォーラムが開かれていますsign03

JBVP.JPG

 

毎年9月の終わりの3日間行われるのですが、アステールではみんなそれぞれどこか一日参加しますclover

場所は毎年、かの有名なホテルニューオータニshine

10を超える部屋で、様々な分野の講義が一日に約80コほど行われています!

朝から晩までみっちりです!!15時くらいからもうお尻が痛くて痛くて・・・(笑)

とくに資料もないので、先生の話している言葉とパワーポイントンのスライドを見てひたすらメモメモ!pencilあとで自分のノートを見て「???」になることもしばしば(笑)

 

私は昨日参加させてもらったのですが、ためになるお話ばかりでとても勉強になりましたhappy01

大きなセミナーなので、大学時代の同級生や先生に会うこともあるのでそれも楽しみの一つなんですnotes

 

フォーラムに参加しておしまい♫

と言う訳ではなく!!後日、みんなそれぞれ聞いた話を院内で共有するために発表会が待ち受けているのですpunch

皆それまでにせかせかと資料作りをするのです。

また今年も一段とレベルアップしたアステールAHにこうご期待notes

 


original!!

こんにちはトリマー渡辺です

最近、ご来院された方は見ているかもしれませんが・・・

入口のボード、現在はこちらですflair

根岸さん力作shine 

募集.JPG

アステール動物病院を紹介してくれる方が多いのでお礼にupupこんな物を作りましたsign01sign01

紹介してくれた方、紹介された方、二方とももらえる

ecobagですheart

 

これをget!!していただくためには....downwardleftdownwardleftdownwardleft

左上に見える『お友達ご紹介カード』があります

こちらに、紹介してくれた方の指名を記入し

紹介された方はカードをご持参下さい

このカードご持参でecobagをプレゼントとなりますnotes

必ずご提示くださいねconfidentsign03 


犬の尿石匠

こんにちは、佐藤ですhappy01

今回は 「犬の尿石症」 についてお話したいと思いますflair

犬の尿石症とは、腎盂、尿管、膀胱、尿道のいずれかに石が存在するもので、それにより血尿や痛みを引き起こしたり、治りにくい膀胱炎や腎盂腎炎の原因となります。また、石が両側の尿管や尿道を閉塞すると、命にかかわる急性腎不全を引き起こします。

遺伝的のものありますが、尿路感染や水やフードの成分が原因になる事もあります。(その他にも副腎皮質機能亢進症、糖尿病、慢性腎不全、前立腺疾患、門脈シャントなどがあります)

腎盂や尿管の結石では腹痛や血尿が、膀胱や尿道の結石では血尿や頻尿、排尿時の痛みが見られます。ただし、無症状のものも多く健康診断や他の病気の検査時などに偶然見つかることもあります。尿石が両側の尿管や尿道を閉塞すると、尿が排出できず急性腎不全を引き起こし、急激に全身状態の悪化が見られます。ちなみに、片側の尿管のみが閉塞すると、閉塞した側の腎盂に尿が溜まる水腎症(大きな腎臓)を起こし、腹部が張り食欲不振の原因になったり、腎臓の機能が廃絶して腎萎縮(小さな腎臓)となったりしますsun

尿石のうちいくつかの種類は、食餌療法や薬剤投与によって溶かすこともできますが、溶けない石も存在します。そういったものは外科的に摘出することが必要となる場合もあります。

 

尿石症では石を除去しても、尿石形成の原因となった疾患が継続してしまえばまた再発します。原因疾患がある場合は、その治療をしっかり行い、水分摂取量を増やし、適切な食事を与えるなどをし、再度石ができないように予防することが非常に重要となりますshine


大久保ツアーズ。

こんにちは大久保ですcute

食欲の秋riceball行楽の秋airplanebullettraindash

過ごしやすい気候になり、愛犬・愛猫(?!)とお出かけするのにもいい時期になりましたねhappy02

アステール動物病院のSTAFFの一部はとてもアクティブで、休日になるとボルダリングやサーフィンにチャレンジしたりしているようですwaveshine

そしてお出かけ先として根強い人気なのがなんと言ってもディズニーリゾートsign03sign03shine

勤務中突然『ディズニーランドへ行きたい!!!』と叫びだす人もいます。

よほど現実逃避したくなった瞬間なのでしょう(笑)

 

ディズニーリゾートと言うとペットと一緒に訪れるというイメージはありませんが、ランド&シーの両パークには『ディズニーペットクラブ』というワンちゃん・ネコちゃんお預かり施設があるのをご存知ですか??

 開園30分前~閉園30分後まで、一頭当たり2880円で預かってくれるそうですflair

完全予約制ですが、なんとご親切に当日キャンセルでもキャンセル料は一切かからないそう。

台風の中ディズニーにも行けずしかもキャンセル料までかかったんじゃ、気分的に最悪ですもんねsweat01

 

ちょっと驚いたのが、ペットクラブでお世話をしてくれるSTAFFの方が動物関係の資格をお持ちでないからか、ペットに触れるようなサービスは一切行っていないという部分。

STAFFの方はケージの開閉・ケージの外からご飯やお水を与える事しか行わない決まりになっているそうですeye

その分お預かり中の面会やお散歩は何度でも行っていいそうなので、特別なお世話に関しては自分たちで行うシステムになっています。

我が子の事は自分でお世話をした方が安心という方も中にはいらっしゃると思うので、そういう方にはむしろありがたいシステムだと思うのですが、お部屋の中で排泄をしてしまった場合(特に大きい方)も放置という事になると思うので、その時は・・・どうか踏み荒らさないでと祈るばかりですねcoldsweats01danger

 

夢の国のペットクラブという事でお部屋も大層ディズニーカラー満載だろうと思いきや、ケージはいたってノーマルpenguin

dpetto1.JPGされどもさすがディズニーupcuteshine

帰る際にこーんな記念品がいただけるそうですよheart

detto2.JPG

 

さらにさらにsign03sign03

どうせならゆっくり泊まりで行きたいという方のために調べましたup

ディズニーのオフィシャルホテルであるヒルトン東京ベイには限定一室ですがワンちゃん同伴でお泊りできるオーシャンビューのお部屋があるそうですfuji

ゆっくり泊まりがけで行けば、1日目にお留守してくれたワンちゃんの為に、2日目はすぐ近くの葛西臨海公園で家族団らんピクニックもできますよcatface

 

ご旅行のご相談は大久保ツアーズまで(笑)


☆:*:・感。゚(゚ノД`゚)゚。動・:*゜☆

こんにちは、菊地です cat

先週、妊娠したワンコが出産予定日になっても陣痛の気配すらないとの事で来院し、結果、帝王切開というかたちでの出産になりました chick

無事生まれた赤ちゃんはすぐお母さんからおっぱいをもらって飲んでいました。

お母さん犬は、帝王切開したばかりの痛々しい傷を我慢しながら授乳をしていたそうです。

今回は強い母親繫がりで、最近私が知り感動した実話を載せますね。(昔の実話です)

この女性に抱かれている猫ちゃんはスカーレットといって、元々野良猫でした。

少しお顔に違和感を覚えた方もいると思いますが、これには訳があり・・・・・

scarlett3[1].jpg

記事によると。。。

「1996年3月30日、ニューヨーク州ブルックリンにあった放置ガレージから、原因不明の出火があり、消防隊が駆け付けました。

火事は程なくして消し止められましたが、消防隊員の一人が、ガレージから子猫を一匹ずつ運び出す母猫の姿を目撃します。

出火当時、炎の中に5匹の子猫が取り残されたままになってしまった。

外出中だった母猫は戻ってくるなり炎の中に一直線に飛び込み、 なんと一匹ずつ口にくわえて燃え盛る炎の中を五往復し、 ついに全ての子猫を救出するのに成功したのでした。

彼女のまぶたは腫れ上がり、耳や肉球は焼けただれ、顔の毛は燃えてほとんど無い状態だったといいます。

体中に重度のヤケドを負っていましたが、全ての子猫を運び終え、鼻先で確認した後、力尽きたかのように昏倒しました。

その後、消防隊員デイヴィッド・ジャネッリ氏によって動物病院へ運び込まれた母猫(スカーレット)と子猫たちは、3ヶ月に渡る治療の後、里親を募集できるまで回復しました。」

との事でした。

scarlett2[1].jpg

全身火傷で痛みもあるはずなのに、自分の事より子供の様子が気にかかっているんですね。

11234_05[1].jpg

 火傷の体で5匹の赤ちゃんに授乳するのも大変です。

BoZDJNyIIAAc8H5[1].jpg

そして、この美談は国際的な関心を集め、治療を担当した病院には、何と7,000通を超える里親希望者があったといいます。

スカーレットも新たな家庭に引き取られましたが、2008年10月11日、静かに息を引き取りました。

なお、治療と里親募集を行ったアメリカ最大の養子縁組組織「ノースショア・アニマルリーグ」は、彼女の栄誉を称えて「スカーレット賞」を創設し、自分の命を顧みず勇敢な行動を取った動物に対して贈ることを決定しました。

本当に立派なお母さん猫です weep

 


Japanese Board of Veterinary Practitioners

こんにちは!月曜日です!鈴木です!!

さてさて、来たる9/26から3日間、アステールのスタッフが全員で参加する学会が開催されます。

個人的にセミナーや講習会に参加することはあれど、スタッフ全員が同じ学会に参加するのは1年に1度だけ。

学会にはスタッフが順番に参加する為、期間中の診療は少人数体制になり皆様にご迷惑をお掛けするかとは存じますが、ご了承ください。

どんな学会かと言うとこんな感じ。

JBVP-日本臨床獣医学フォーラム

JBVPとは今日のタイトルにもある通り、Japanese Board of Veterinary Practitionersの略です。

獣医師・動物看護師だけではなく、ご家族向けのページもありますのでアクセスしてみてはいかがでしょうか。

獣医師や動物看護師は本を読むことで勉強することが基本なのですが、このように定期的に学会や講習会に参加することで最新の情報にアップデートすることも行っています。

ちなみにJBVPは毎週水曜日の夜に都内で講習会を主催していて、佐藤先生と僕は毎週その講習会に参加しています。 

まだまだ勉強不足ですがこれからも知識のアップデートをどんどん行って、皆様に還元していきたいと思います。

簡単ですが、今週はこの辺でpaper


1234

« 2014年8月 | メインページ | アーカイブ | 2014年10月 »

このページのトップへ