月別 アーカイブ

HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2015年3月アーカイブ

スタッフブログ 2015年3月アーカイブ

明日から4月

こんにちは、菊地です cat

明日で4月です cherryblossom

アステールにも、フレッシュな新人さんが入ります happy01

入社したては不安や緊張で何かとドキドキですよね sign02

まずは病院の業務を少しずつ覚えていくと同時に、飼い主様の名前も少しずつ覚えてもらわないとですね happy01

思えば、私もなかなか業務を覚えるのに苦戦していました・・・・ coldsweats01

そこで、皆様に今一度のお願いです happy01

診察の際、診察券を毎回出して頂きたいのです↓↓↓

IMG_2678.JPG

もし、お忘れの場合はこちらの用紙へ記入をお願いします pencil

IMG_2679.JPG

診察券は名前と顔を覚えるのにとっても大事なんです。

よろしくお願いしますhappy01


トリミング

 チョロちゃん 

IMG_3236[1].JPG

まりもちゃん

IMG_3241[1].JPG

ラーラちゃん 

IMG_3254[1].JPG

アントンちゃん 

IMG_3259[1].PNG

凛ちゃん 

IMG_3267[1].JPG

ムクちゃん 

IMG_3279[1].JPG

プリンちゃん 

IMG_3292[1].JPG

 

ちゃぴちゃん  IMG_3300[1].JPG

 

ムースちゃん  IMG_3336[1].JPG

 チョコちゃん

  IMG_3348[1].jpg

 ニコちゃん

  IMG_3360[1].PNG

 

クレアちゃん  IMG_3377[1].PNG

 

くぅちゃん  IMG_3385[1].PNG

 チョコちゃん

  IMG_3366[1].PNG

レオくん 

  IMG_3413[1].PNG

 

マルちゃん  IMG_3423[1].JPG

ショコラちゃん 

  IMG_3445[1].JPG

シフォンちゃん 

  IMG_3446[1].JPG

 ジャンボちゃん

  IMG_3447[1].PNG

らふちゃん 

  IMG_3436[1].PNG

いけちゃん 

IMG_3465[1].JPG 

 

ゆず吉くん  IMG_3474[1].PNG

ぷちゅくん 

  IMG_3498[1].JPG

 

ぴーたんちゃん  IMG_3538[1].PNG

 

空ちゃん

IMG_3531[1].PNG

 きなこちゃん

IMG_3561[1].JPG

 セナちゃん

IMG_3553[1].JPG

 ピースくん

IMG_3581[1].JPG

空くん 

IMG_3593[1].JPG

 


医薬品・医薬部外品

こんにちは!月曜日です!鈴木です!!

先日ふとんを購入しました。

実はふとんがぺたんこだったので引っ越しの際に捨ててしまいましたsweat02

捨てたのはいいものの引っ越してしばらくは寝袋生活を送っていましたbomb

幸い最近暖かくなってきたので寒さで困ることはありませんでしたが、

背中が痛いdanger

ふとんのありがたみを実感しましたよdown

と言うことで腰痛持ちの鈴木にオススメのマットレス等があれば教えて頂けると嬉しいです。

 

さて今日はノミダニ薬のお話。

ノミダニに関しては以前にお話したと思いますので、今日は薬のお話。

みなさんお使いのノミダニ薬、パッケージに「動物用医薬品」 と書いてありますか?

もしかして「医薬部外品」 と書かれていませんか?

医薬品であればちゃんと効果が期待できます。

しかし医薬部外品もしくはなにも書かれていない場合、効果が期待できません。

医薬部外品と書かれている製品をつかって散歩に行ったら、ノミに感染した なんて言う笑えない話もあります。

全ての医薬部外品が予防効果が無いという訳ではありませんが、製品によって効果に差が大きい事は確実です。

その点、医薬品は有効成分の効果が認めれられています。

ノミダニ薬は数多くあり、どれがいいのか迷ってしまうと思いますが、「動物用医薬品」と記載されているかどうかを選ぶポイントにしてみてはいかがでしょうか。

もちろんアステールに置いてあるノミダニ薬はすべて医薬品と記載されていますのでご安心ください。

それでは今週はこのへんでpaper


バベシア症について (マダニ)

こんにちは、獣医師の横田ですhappy01

今回は、マダニに媒介される病気についてお話しさせて頂きます。

草むら、公園などにいるマダニですが、わんちゃんを吸血する際に、皮膚炎になったり貧血を起こしたりします。

それだけではなく、フィラリア症などと同じように、バベシアという原虫に感染したワンちゃんの血液を吸血することで、赤血球内の虫体も同時に吸引され、その後バベシアがマダニの体内で成長していく。

このバベシアを持つマダニが、他のワンちゃんを吸血する際に、刺し傷から唾液と共に虫体を注入し、感染を広げていきます。

バベシア(原虫)がワンちゃんの血液の中に入ると、何が起こるかというと・・・

血管の中に入ると、赤血球の中が好きなので、入り込みます。

ワンちゃんの赤血球の中で分裂増殖していきます。分裂した虫体はやがて赤血球を壊して別の赤血球に棲みつきます。この様に、バベシア自体が赤血球を壊していくことによっても貧血を起こすことがあります。

マダニによる貧血は、大量寄生の吸血による貧血と、マダニが媒介するバベシアによる赤血球破壊によっておこる貧血とがあるんですね~

要は、マダニがいなくなればこんな事は起きないはずsign01

 

 

 


Coffee

こんにちはトリマー渡辺です

先日、業者さんから珈琲を頂きましたsmilesign01

去年、友達からもらったコーヒーメーカーがあったのでアステールへ持ってきて

Coffee time cafeshine

IMG_2848[1].JPG

 

IMG_2849[1].JPG

 

IMG_2846[1].JPG

 

IMG_2847[1].JPG

 アステールはドクターがコーヒー好きcafeshine

看護師は紅茶好きmapleと分かれています 

私も紅茶好きの方なのでコーヒーメーカーの使い方が分かっておらず

水を入れるところにお湯を入れてしまい.......

「あれぇ??なんか出てこないなぁ‥‥」 

しばらく待ってやっと出た少量のコーヒー...。

エスプレッソよりも濃すぎて飲めませんbearingthunder

「それお湯でやると壊れちゃうんじゃない?」

「えっ!!ホントですか!?」

松尾先生から言われて水でやってみると、ちゃんと美味しいコーヒーが出来ました

うっかり壊す所でしたぁぁ~confidentsweat01


次回のパピーパーティーのお知らせ

次回のパピーパーティーのお知らせですnote

来月は4月26日(日)13:30~15:00に開催いたしますdogheart

 

さて、前回もパピーパーティー無事に開催することができ、参加してくださいましたワンちゃん、飼い主様ありがとございましたshine

一組、ワンちゃんの体調不良により参加できなかった方もいらっしゃいましたsweat01

来月のご参加、是非お待ちしていますねsign01

 

さて、今回はワンちゃんの飛びつきについてsun

構ってほしくて、おやつが欲しくて、ジャンプして飼い主さんに猛アピールsign01

という子は結構いらっしゃるのではないでしょうかhappy01

それが中型・大型犬だと、大きくなってから癖になってしまうと、怪我や事故のもとになりかねませんよねsweat01

また、ジャンプは足腰にとても負担がかかります。

 

ジャンプしている時に構ったり、おやつをあげてしまうと、

ジャンプ=ご褒美

となってしまい、余計に激しくなってしまう可能性大ですdanger

 

なので、ジャンプしているときは何もせず、四足が地面に着いたらご褒美をあげるようにしましょうbanana

何もせずに待っていると、一瞬ジャンプを止める瞬間が来ると思います。

その瞬間にご褒美ですcherry

そうしていくと、徐々に

足元にいるといい事がある

という風に学習していきますfoot

 

ご褒美のタイミングを少し気にしてみて下さいねnote

 


猫の回虫症

こんにちは、佐藤ですhappy01

今回は、「猫の回虫症」 についてお話ししたいと思います。

回虫症とは回虫という線虫の寄生による起こる病気です。

 

成虫の写真は↓

 

 

 

少しショックですよねcoldsweats01

雌の成虫は20cmにもなるそうですsweat01

基本的には小腸に寄生するのですが、猫に寄生する回虫は動きますsweat02

全身に移動すると言われていて、特に多いのが眼と胃です。

胃に移行している場合は嘔吐物に含まれて気づくこともありますtyphoon

 

多くの原因はねずみです。

回虫をもっているねずみを捕食する事により感染します。

その他にも回虫の感染している猫の糞便からも感染します。

回虫の怖いところは人の中にも入るというということですsweat01

 

色々怖い事を書きましたが、便を検査すれば比較的簡単に見つかり、薬で倒せますsun

無症状の場合も多いので、虫体を確認していなくても下痢などが起こっている場合は検査をお勧めしますhappy01 


あなたは青黒?白金?

 

こんにちは根岸ですhappy01

今日ご紹介するのは、最近TWITTERやFACEBOOKで話題を呼んでいた

ある画像についてです。実は、これ本当に面白いんですよ~

人によって見え方が違うんですって!!

青黒に見える方と、白金に見える方、どっちにも見える方などに分かれる

そうなんです。

その画像がこちら・・・

 

青と黒? 白と金? ネット上で大論争を呼んだドレスの

あなたは何色と何色に見えますか?

ASTERスタッフにも早速きいてみましょう!!

村山さん「青黒!!!」

弥生さん「私も青黒~」

菊地さん「青黒にみえる」

佐藤先生「青黒です」

ちなみに根岸も青黒に見えます(笑)

え?みんな青黒・・・・やっぱり白金に見えるはずがないですよね~

っと思っていたら

松尾先生「白金!!!!!!」

横田先生「白金!!!!!!」

 

なーーーーーーーんと白金でましたsign03

さらにさらに

鈴木先生「白金にも青黒にも見える・・・・」

村山さん「青黒にしかみえなかったが今白金に見える」

 

っと両方に見えるタイプも登場!!すごくないですか?

調べたところ、比率的には白金に見える人がまさかの70%を占めるそう

で残りの30%は青黒に見えるという結果。

ただASTERでは青黒に見える人が多いという結果にsun

早速原因を調べてみました!!

人間は周囲の状況が変わっても同じものは同じ色で見えるように脳内で補正を掛けていま

す(色の恒常性)。
しかし写真やイラストでは環境光がよくわからないことがあり、脳が間違って補正をかけてし

まうことがあります。この色の恒常性による錯視が原因です。

っということだそうで・・・・・

 

View image on Twitter

 

なんですって~

ちなみに青黒が見える方は右脳派(直感的)

白金に見える方は左脳派(論理的)のようですrock

あなたはどちらに見えますか???????


猫舌

こんにちは、菊地です cat

以前、USJへ遊びに行ったスタッフのお土産で頂いたハリーポッターの「百味ビーンズ」

usj-harrypotter-100mi-beans[1].png

 数種類の味があり、食べる度に悲鳴があがる味・・・・coldsweats01

  Fhml8[1].jpg 

この、数種類の味を人は舌にある受容器甘味、酸味、塩味、苦味、うま味」5つの基本味で感じます。

たまに「利き○○」のように微妙な味の違いを聞き分けられるスペシャリストな方もいますよね wine

そして、基本味が他の要素(嗅覚、視覚、記憶など)で拡張された知覚心理学的な感覚としての味は、風味と呼ばれることが多いみたいです。

では、猫ちゃんの舌の場合はというと、、、

IMG_3014.JPG

簡単にいうと、猫は苦味に敏感で塩味に鈍感。

又、酸に対する感度は敏感という説がありました。

そして、なんと猫は甘味を感じないという私にとっては驚きの情報が sign03sign03

なぜ、こんなに私が驚いているかというと、、、家の猫は薬に対してかなりの拒絶反応するんです sweat02

ご飯に混ぜれば匂いが変わり食べないし、水に溶かして与えようものなら1滴で家中ヨダレまみれ shock

苦いからかなぁ~なんて、砂糖水にして与えたり自分なりに工夫した気になって頑張っていたのですが、この情報が本当なら私の気遣いって一体何だったのか。。。。typhoon

犬では砂糖に反応するセンサーの数が最も多いのに対し、猫では全くないか、あってもごくわずからしいです。。。

味覚に関するこの大きな違いは、犬と猫の食性がかかわっているものと思われます。

つまり、犬では肉のほかに果物などを補助的に食料としてきたのに対し、猫では極端に肉ばかり食べてきたため、甘味を感じる必要性が無くなったということです。

また、日本においてはいまだに「猫は魚が好き」というイメージが若干残っていますが、どうやら欧米においてそのようなイメージはないようです fish fish fish

「日本固有のこうしたイメージは、魚を食する機会が多かった昔の日本において、余った食材を頻繁に猫に与えていたために生じたものと思われます。つまり、魚を食べている猫の姿がいつの間にか日常の中に溶け込み、「猫=魚好き」という固定観念が生まれたというわけです。しかし、こうした思い込みに惑わされて猫に魚ばかり与えていると、黄色脂肪症という病気にかかる危険性がありますので、猫の食事は栄養素をバランスよく配分しましょう。 」

↑↑この様な記述があったので注意しましょうね danger


高齢期とは

こんにちは!月曜日です!鈴木です!!

無事に引っ越しました。

荷造りの次は荷ほどきですsweat01

運動不足の身体には段ボールの持ち運びが腰に来ます(笑)

落ち着いたら運動しないと...

 

さて今日は犬、猫の中高齢期・高齢期についてのお話。

中高齢期・高齢期とは「身体の機能が低下する時期」のことです。

しかしその変化(老化)は急に起こらず、徐々に進行します。

そのため健康に暮らすためには、老化の症状が出てからではなく、中高齢期の早い段階からのケアが必要になります。

じゃあ何歳から中高齢期・高齢期なの?ってなりますよね。

実はこれには明確な定義はありません。

しかし一般的に「寿命の1/2を過ぎる頃が中高齢期」、「寿命の2/3を過ぎる頃が高齢期」となります。

もちろん犬と猫、体のサイズによって異なってくるので、具体的には以下の通りです。

猫:中高齢期 7歳~、高齢期 12歳~

小型犬(体重10kg以下):中高齢期 8歳~、高齢期 12歳~

中型犬(体重11~25kg):中高齢期 7歳~、高齢期 10歳~

大型犬(体重26kg以上):中高齢期 5歳~、高齢期 8歳~

こんな感じです。

この年齢を越えたら立派なおじいちゃん、おばあちゃんの仲間入りです。

人でも年をとってくると病気が増えてくるように、動物も病気が増えます。

一日でも元気で健康に暮らせるように早め早めのケアを心がけましょう。

それでは今週はこの辺でpaper


1234

« 2015年2月 | メインページ | アーカイブ | 2015年4月 »

このページのトップへ