月別 アーカイブ

HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2016年9月アーカイブ

スタッフブログ 2016年9月アーカイブ

山頂に住んでます

こんにちはトリマー渡辺です

千葉にある山に行ってきました

この日は台風接近中

とっても不安定な山頂付近

 

ぐっすり眠る、子猫発見!! 

IMG_4595.JPG

この子、どこを触ってもいっさい起きません(笑) 

山育ちなのに人慣れしています

IMG_4599.JPG

別の子も居ました

草とたわむれています

なんだかほっこりする山でしたconfidentfuji

 


トリミング

敬ちゃん

  IMG_4946.JPG

 

 

シフォンちゃん  IMG_4964.JPG

 

  ショコラちゃんIMG_4965.JPG

 

 ころちゃん  IMG_4971.JPG

 

 こはるちゃん

  IMG_4978.JPG

 

 ライトくん

  IMG_4983.JPG

 

 コロンちゃん

  IMG_4984.JPG

 

 モカちゃん

  IMG_4985.JPG

 シャナちゃん

  IMG_4991.JPG

 チーズくん

  IMG_5004.JPG

 ソフィアちゃん

  IMG_5008.JPG

 

 ショコラちゃん

IMG_5029.JPG

 

 プチュくん

  IMG_5044.JPG

 

 かりんちゃん

  IMG_5056.JPG

 

 

 チョコちゃん

  IMG_5068.JPG

 

 

 

 ムースちゃん

 

IMG_5091.JPG

 

 まりもちゃん

  IMG_5136.JPG

 ラーラちゃん

  IMG_5148.JPG

 モカちゃん

  IMG_5159.JPG

 

 ベルちゃん

  IMG_5165.JPG

 きなこちゃん

  IMG_5173.JPG

 ピッコロちゃん

  IMG_5181.JPG

 

 ももちゃん

  IMG_5187.JPG

 もなかちゃん

  IMG_5193.JPG

 

 ちゃぴちゃん

  IMG_5208.JPG

 

 

 カシスちゃん IMG_5215.JPG

 

 タビーちゃん

  IMG_5227.jpg

 

 シンゾウくん

  IMG_5236.JPG

 まみちゃん

  IMG_5251.JPG

 

 きなこちゃん

  IMG_5266.JPG

 

 トトちゃん

  IMG_5272.JPG

 

 じゃが丸ちゃん

  IMG_5280.jpg

 

 チロルちゃん

  IMG_5314.JPG

 クーちゃん

  IMG_5288.JPG

 

 コナンちゃん

  IMG_5323.jpg

 

 敬ちゃん

  IMG_5330.JPG

 

 nanoちゃん

  IMG_5340.JPG

 

 ランちゃん

  IMG_5342.JPG

 

 まるちゃん

  IMG_5347.jpg

 

 レオンちゃん

  IMG_5357.JPG

 ぴーたんちゃん

  IMG_5370.JPG

 ハルちゃん

  IMG_5377.JPG

 

 アントンちゃん

  IMG_5388.JPG

 ルーシーちゃん

IMG_5394.JPG

 ソラちゃん

 

IMG_5400.JPG

 クッキーちゃん

 

IMG_5411.JPG

 

 ウシワカマルくん

IMG_5423.JPG

 

 メイちゃん

IMG_5429.JPG

 

 ルルちゃん

IMG_5440.JPG

 

 リップちゃん

IMG_5455.JPG

 

 れもんちゃん

IMG_5459.JPG

 

 レオちゃん

IMG_5464.JPG

 

 柚子ちゃん

IMG_5474.JPG

 

 ももちゃん

IMG_5479.JPG

 

 

 

 


夏の太陽は天敵!

こんにちは、暑くて顔が赤くなるのが恥ずかしい道林です。

まだまだ暑い日が続きますね・・・

地面、特にアスファルトの温度ってどのくらいあるかご存知ですか?

なんと、夏場は50~60℃にまで達するそうですよ!

ここを素足で歩くとなると火傷しますよね・・・。

私達より背の低いワンちゃんネコちゃんは、地面から近い分、より熱さが伝わってしまいます。

さらに、肉球部分は素足と同じですから、お散歩は地面の温度を気にしてあげるといいですね。

06.png

 

朝早い時間はまだ良いのですが、お昼にかけてどんどん温度が上昇しますのでこの時間帯に歩かせるのは火傷・熱中症の元です(T_T)

しかし、日が沈んだからと、夜の油断も大敵です!

フライパンで言う「余熱」状態なので、まだまだ冷えていないことも!?

またマンホール等の鉄は踏ませないようにしましょう~!

もう夕方だけど、どのくらいならお散歩行っていいかな?と思った方は、地面を手で触ってみて、温度の確認をしたり、日陰になっている場所、土の上をささっと歩き、暑さ(熱さ)に晒さないであげて下さいm(__)m

こまめな水分補給も忘れずに♪


膣脱について

こんにちはhappy01獣医師の横田です。

今回は、膣脱についてお話させていただきます。

膣脱とは、膣が反転して外陰部から完全に脱出してしまう病気です。

発情期の雌犬は、卵巣から分泌されるホルモンの影響で、膣の粘膜は充血して腫れ、一部が外陰部

から突出してくる場合があります。

発情が終了すると自然に引っ込むこともありますが、膣脱では脱出部が床に擦れたり、犬が舐めたり

してどんどん悪化させてしまうことがあるので、脱出した膣を切除することがあります。

また、次の発情で同じことを繰り返す可能性があるため、避妊手術も同時に行うことで、再発を防ぐこ

とができます。

このほかに、助産のために飼い主が無理に引っ張り出したことが原因になることがあります。

何か気になることがあれば、お声をおかけくださいね~


ソフト

こんにちはトリマー渡辺です

この前、念願のデザートを食べに行ってまいりました

ここ知っていますか? 

IMG_4600.JPG

ピーナッツソフトクリームhappy02sign03

これ美味しいですsign01sign01shine

IMG_4597.JPG

 なるほど!合うねっ!!shine

って、感動でしたsign01

何年か前にテレビで見てから、ずーーーーーーっと

食べてみたかったんです

店内ではこんなのも(笑)down 

IMG_4598.JPG

 

 


暗いところは気を付けて

こんにちは、車の運転は怖くてできない道林です。

教習所での運転の練習は、夜や雨の日にあたることが多かった私ですが、視界不良ってとても怖いですね。

歩行者の時は「このくらいなら車にも見えてるだろう」と思っても、運転者から見たら案外目立たない事がしばしば。

夜のお散歩中は特に安全対策が必要です。

そこで、持っていると便利なのは「光る散歩グッズ」!

oobikiyaking_1032.jpg

反射材を使っていたり、ライトが付くものがあると運転者から発見しやすくなります♪

raging-bull_plha-g.jpg

リードやハーネスもあるそうで、人だけじゃなく、ここにワンちゃんがいるよ!とアピールしましょう♪

dsfg.jpg

ご近所でたまに光るグッズを見に付けているワンちゃんを見るのですが、存在に早く気付けて良いなと思いました。


マダニ人への影響

こんにちはトリマー渡辺ですhairsalon

この前こんな記事を見ました!

 

マダニにかまれた北海道の四十代男性が8月中旬、ダニ媒介性脳炎で死亡

マダニは複数のウイルスや細菌を媒介

国内で2005年以降、50人以上が死亡

◆発熱したら病院へ

 北海道によると、男性は7月中旬、道内でマダニにかまれ、皮膚に食い込んだ個体を皮膚科で取ってもらった。

その後、発熱や意識障害、けいれんなどの症状が出て入院。

一カ月後に、ダニが媒介するフラビウイルスによる脳炎で亡くなった。

マダニはフラビウイルスの他にも、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を発症させるウイルス、日本紅斑熱やライム病などの原因となる細菌などを媒介する。

ウイルスによる病気に治療法はなく、対症療法が中心。細菌には、抗菌薬で治療が可能

男性の死亡原因となった脳炎は1993年に北海道南部で発症例があり、今回が国内2例目。

SFTSは石川県や三重県以西の20府県で約200人の患者が確認されている。

海外でダニ媒介性脳炎による被害が大きいのは、ロシアからドイツ、オーストリアにかけての中央ヨーロッパ。

年間6千人以上の患者が出ており、森林に入る仕事をする人らが予防のためワクチン接種を受けている。

日本では、輸入ワクチンを接種できる医療機関もある。

 「マダニにかまれたとしても、発症するのはまれ。パニックになることはありません」と話すのは、ダニによる感染症を研究する愛知医科大講師の角坂照貴さん(64)。マダニが媒介する病原体には地域によって違いがあり、今回死者が出たダニ媒介性脳炎は、北海道以外では発症しない可能性が高いという。マダニは、吸引したりするとアレルギーを引き起こすイエダニとは別の種類。

◆畑、あぜ道にも生息 肌の露出避けて

予防策はまず、マダニにかまれないように注意すること。

マダニは動物の血を吸って成長するため、シカやイノシシなどの野生動物が多い野山のほか、畑、あぜ道などにも生息する。春から秋にかけてマダニの活動が活発になり、かまれる危険性が高くなる。

マダニにかまれても、麻酔のような物質を体内に注入するため痛みを感じないことが多い。気づかないでいると、数日吸血し続けて一センチ以上に大きくなることもある。

madani.jpg

マダニを自分で取ろうとすると一部が体内に残って感染原因になる場合があるほか、つぶすと病原体が飛び散って目などの粘膜から感染する可能性がある。

かまれたことが分かった後は、発熱するかどうかに気をつける。

いずれの感染症も、2日から2週間程度の潜伏期間をへて38度以上の高熱が出る。

「発熱した場合は、一刻も早く治療を始めることが大切。すぐ病院に行き、必ず医師にかまれたことを伝えて」

対策方を探してみました↓

一緒に暮らす家族なので、みんなの為にノミダニの予防を考えてみてくださいhappy01flair

http://www.nih.go.jp/niid/images/ent/PDF/madanitaisaku20131105.pdf


はとぽっぽ

こんにちは、明治の板チョコ(ブラック)が好きな道林です。

鳩がお気に入りでして、鳩グッズを見ると思わず手を伸ばしてしまいます。

hato.png

 

中学生の時に青森で作った鳩笛

16-08-28-13-45-15-150_deco.jpg

 

鳩の箸置き

DSC_0376.JPG

 

鳩サブレーではなく、ハトサブロー

2.jpg3.jpg

街中での鳩さん

DSC_0755.png

 

お寺の鳩さん

DSCN2719.JPG

 

また、学生時代に授業でやってきた鳩さん

4.jpg

鳩を愛でていると気持ち悪がられること多いですが、

可愛い鳩グッズ、探してます!

DSCN2693.JPG


口鼻瘻管(こうびろうかん)と歯瘻(しろう)について

こんにちはhappy01獣医師の横田です。

今回は、口鼻瘻管(こうびろうかん)と歯瘻(しろう)についてお話しさせていただきます。

口鼻瘻管とは、歯周病や歯の破折などによって根尖周囲に炎症が起きて、それが進行して口と鼻との間にある骨を溶けて口と鼻がつながってしまう状態をいいます。

一般的に、上顎の犬歯や第3切歯に多く起こりますが、すべての上顎の歯にみられます。

上あごの歯の歯周病などにより歯周組織が壊される時があります。症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻

出血などです。診断は、口腔内レントゲン検査や歯周プローブなどにより確認していきます。

治療としては、全身麻酔下で原因となる歯を確認して、歯肉や口腔粘膜で穴が開いた部分を塞ぐ手術を行います。

また歯瘻とは、歯の病気に由来する化膿した部分と口腔粘膜や皮膚の間に道が作られた状態です。

通常は歯の根元、あるいは歯周病から歯の周囲に炎症~化膿が生じて、それが進行して口腔粘膜や皮膚に穴が開きます。

上顎の場合、目の下に穴が開き、下顎の場合、下顎の皮膚に穴が開くことが多いです。

歯が折れた場合や歯がすり減った場合、歯髄が露出していて、そこから感染する場合や歯周病により歯の周囲の歯周組織から感染する場合などがあります。

治療は口鼻瘻管とほぼ同じで、抜歯や炎症があった部分を取り除いたりすることで行っていきます。

なにか、気になることがありましたら、お声をおかけくださいね~


ストレスフリー

こんにちは!村山ですaries

ワンちゃんネコちゃんを飼っている方は、一度は付けた事がある(と思われる)

エリザベスカラー。

見ていて動きずらそうで可哀想・・・と思われる方は多いと思います。

 

先日飼い主様から素敵なエリザベスカラーを教えて頂いたので紹介させていただきますshine

「アンリッカラー」というインターネットのお店で買えるとのこと。

早速パソコンで検索。 ( ̄▽ ̄m)m"_/| カタカタ  

anrikkara-.jpg

 アンリッカラーという名前は、猫を憂鬱にさせないカラーという意味だそうです。

普通のカラーは円錐状になるので、ひげがあたったり、視界が遮られるのですが、こちらのカラーは顔を覆わない形状になってるそう!

首周りの調整は、紐の絞りで調整できるようになってます。

布でできているので、狭い入口のトイレ等も入っていけるみたいです♪

annrikkra-2.jpg

こんな風に枕にもなっちゃう!(笑)

とっても素敵なカラーだと思いましたheart02

猫ちゃん用のみの販売みたいなので、ワンちゃん用も販売されないかな―・・・と期待してます(笑)


12

« 2016年8月 | メインページ | アーカイブ | 2016年10月 »

このページのトップへ