月別 アーカイブ

HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2016年11月アーカイブ

スタッフブログ 2016年11月アーカイブ

恐怖の水族館

こんにちは、寒さと眠さに耐えきれない道林です。

怖さにも低耐久なのですが、サンシャイン水族館でホラー企画やっていたの、ご存知でした?

通常営業は18時まで。それ以降は「ホラー水族館」になってしまうんです。

夜中の水槽を見てはいけない・・・なんて怖いフレーズが書いてあるんですよ!

可愛い魚達をみるつもりなのに~!!!

  DSC_0852.JPG

 17時30分からチケット販売なのですが、少し前に着いたときにはびっくりする位の大大大行列!!

水族館内に入れたのは19時30分でした・・・。

イヤホンを装着、照明のない真っ暗な水族館を進みます。

無照明&無音の中、魚も見つつ、イヤホンから物語は流れ、何度か叫び・・・・。

一緒にいた人よりビビる私。

でも楽しかったです。

お土産買いました。

  DSC_1015.jpg

♬うつぼ♬

 

 


発作などの記録について

こんにちは、獣医師の横田ですhappy01

今回は、発作などの記録についてお話しさせていただきます。

例えば、みなさんのわんちゃんねこちゃんが、発作があった時、すぐに病院に連れてこられることもあ

ると思います。

病院に来院された時には、診察室でも同じ症状を示してくれることは多くはありません。

脳に画像的な異常が認められないようなてんかんの場合は、見た目では正常な状態なことがほとんど

です。

この場合、ご家族からの情報が診断や治療に大変重要になってきます。

発作などがあった時に、お家の方々は頭が真っ白になってしまうこともあると思います。

起こった後に状態を確認しながら発作日記をつけていただいたり、いつもと同じような状態で落ち着い

てできるようであれば、動画を取っていただくのも一つです。

発作の状態を確認するには、動画や日記はかなりの情報源になります。

発作を起こした日時、持続時間、どんな発作だったかなど詳しい情報を日記につけたり、動画に残して

おくことで、適切な治療、検査のお勧めができると思われます。

何か、気になることがあればお声をおかけくださいね~happy01

 

 

 

 


光るよ!耳。

こんにちは、昨日誕生日の道林です。

22歳になってしまいました。落ち込んでいます。

そんな落ち込んだ気分を明るくしようと、都内の工房で光る耳を作って来ました!

 

まず初めに「電飾」と「接着剤」の講義を受けます。この講義が結構為になる話なのですよ~!!

20161023_145651551.jpg

 

次に、制作です!接着剤と布と基盤、LEDライトを取り付けていきます。

20161023_151852007.jpg

20161023_154606757.jpg

 

作業風景。みんな真剣です。

IMG_20161023_201158.jpg

 

最後に記念撮影をして帰りました!

頭を傾けると色が変わって光りますよ~!パリピってやつですね!(違います)


634m!!

こんにちは、マッサージしてたらあざができた道林です。

スカイツリーを見てきました。

でかい。とてもでかいです。

1.png

634mというから驚き。対してシン・ゴジラは118.6m。

スカイツリーはあのゴジラより約5.3倍も大きいのです!!

そんなわけで、ざっくり比較写真作りました。

open-uri20131102-17481-ig80la.jpg 

どうでしょう。ゴジラが霞んで見えますね。

スカイツリーに戦闘機能がついていたら勝てそうじゃないですか?

 

スカイツリーを真下から見た後は、浅草まで歩き、観光して帰りました♪


ねこさんの皮膚の腫瘍について

こんにちは、獣医師の横田ですhappy01

しばらくお休みさせていただき、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

もうすっかり元気happy01になったので、ブログも再開させていただきますsign01

今回は、ねこさんの皮膚の腫瘍についてお話しさせていただきます。

皮膚腫瘍は、猫さんで発生する腫瘍の1/4を占めていて、比較的多く見ています。

いろんな腫瘍がありますが、悪性である確率は、5~6割でかなり多いと思われます。

皮膚の腫瘍には、扁平上皮癌や肥満細胞などが多く認められ、その他もあります。

扁平上皮癌は、日光照射が要因といわれています。さらに、色素の薄い猫での発生が多く、

白い猫で多く認められています。

顔面にできやすく、最も多いのが、鼻の頭で、耳や瞼にも認められます。

しこりができるというのではなく、なかなか治らない引っかき傷として、または皮膚の潰瘍などの症状が

現れることが多いです。

転移をすることは多くは無いですが、リンパ節や肺に転移することもまれにあります。

治療としては、手術で腫瘍を切除したり、放射線を照射したりする方法があります。

日照時間の長い環境、地域の猫さんに多く認めるため、外出する場合は、早朝や夜にすることも

予防の一つです。

窓際で長時間いるネコさんの場合、窓ガラスなどに紫外線除け対策をすることもできるでしょう。

特に白猫さんは、注意が必要となります。

何か気になることがあれば、お声をおかけくださいね~happy01

 


newスタッフ★☆

こんにちは!村山ですaries

11月から新しいスタッフが加わりましたshine

看護師の程塚さんですnotes

今年専門学校を卒業したばかりでピチピチですheart04

私がアステールに入ったときは、私自身が最年少でみんなから若いと言われていましたが、

もう私がその言葉を言う年齢になりました(笑)

時が経つのは早いものです。

 

程塚さんはとても元気で一所懸命な子ですnote

今後お見かけ好き会があるかと思いますので、どうぞよろしくお願いします!


お米が美味しい所

こんにちは、炭水化物食べすぎ道林です。

新潟、山形に寄り、自然に囲まれてきました~!

DSC_0166.JPG

海沿いの高速を走る途中に道の駅があり、日本海を見ながらヒラメとイ貝の味噌汁を食べ、ゆっくり休憩。

DSC_0164.JPG

海から離れれば見渡す限り田んぼパレード!

DSC_0148.JPG

山形のお米「つや姫」と山形牛の組み合わせは最高でした。

DSC_0216.JPG

傍の綺麗な川では鮎釣りをしている人もおりました。

DSC_0213.JPG

とても静かな時間を過ごせてリフレッシュです(*^^*)


1

« 2016年10月 | メインページ | アーカイブ | 2016年12月 »

このページのトップへ