月別 アーカイブ

HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2016年12月アーカイブ

スタッフブログ 2016年12月アーカイブ

今年もあと1週間

こんにちは、恋人はサンタクロースじゃない道林です。

今年最後のブログとなりました。

大掃除、年賀状、進んでいますか?

私は・・・いまいちです。ピンチです。(笑)

 

さて、先週のブログの続きですが覚えていらっしゃいますか?

洋服作りがどこまで進んだか気になりますよね??

え!?気にならない!?

安心してください、気にならなくても載せちゃいます。

111.jpg

花札の「芒に月」のスカートです。

縫うのはこれからなので、完成には至っておりませんが・・・。

12/26 12:00現在までの経過報告です!

16-12-26-11-37-56-323_deco.jpg

16-12-26-11-39-20-159_deco.jpg

16-12-26-11-40-43-091_deco.jpg

16-12-26-11-37-15-541_deco.jpg

月よりも、芒の布の切り出しに苦労しました。

それではこれからラストスパートです。今夜には完成します。報告は以上です(^^♪

 

とても寒くてすぐにお腹が緩くなる私ですが、皆さま体調管理にお気をつけて!良いお年を!!


今年もあと2週間

こんにちは、風に当たると右目が沁みる道林です。

携帯のボタンが全く反応しなくなったので修理に出していますが、なんと1か月掛かるそう・・・。

代用機を使っていますが今までのデータがなくてつまらないです(笑)

 

さてさて、2016年終盤ですよ~!!

毎週月曜日の道林のブログ(という名の日記)、ご覧になっていた方はいらっしゃるのでしょうか・・・?

この文章を読んでいるということは、今まさに私のブログを読んでいらっしゃる!?ありがとうございます!!これで来年の元気食欲ばっちりです。

お礼に近況をお伝えします。

洋服作ってます。

完成形は、また来週に公開予定です。それまでに作りきることが目標です!

 

今年もあと2週間弱。

業者さんはお休みに入ってきますので、ご飯のストックはお忘れなきよう・・・。


パスツレラ症について

こんにちは、獣医師の横田ですhappy01

今回は、パスツレラ症についてお話しさせていただきます。

これは、パスツレラ属の菌により起こります。

正常なわんちゃんの口腔内細菌として75パーセントがこれらの菌を保菌しています。

これは、母犬や同居犬などからグルーミングなどを通じて感染します。

多くは無症状ですが、まれに肺炎を起こすこともあるようです。

予防としては、爪を切って引っかかれないようにすること、しつけをしっかりして、咬まれないようにする

ことです。

治療は抗菌薬ですが、お薬をやめると再発することもあり、治療はなかなか難しいようです。

人では、咬まれたり、引っかかれたりしたところが、比較的短時間に痛みを伴って腫れるようです。

人がかまれた場合は、人間の病院に行って、適切な処置を受けられてくださいね。

何か、気になることがありましたら、お声をおかけくださいね~happy01

 


プレパラートのガチャガチャ

こんにちは、冬眠したい道林です。

街の至る所で見つかる、ガチャガチャ。

たまーに変なシリーズがありますよね。

私はガチャガチャコーナーを見ると毎回なにがあるかチェックするのですが、プレパラートシリーズがあったため試しにやってみました。

ゲットしたのは「病原菌」。

Dkp;.jpg

まるで顕微鏡で見ているかのように、拡大された菌が透明なシートに印刷されています。ちゃんと染色されています。

uetu.jpg

なかなか面白いです(笑)


食品サンプル作りました

こんにちは、体験にはまりつつある道林です。

前から食品サンプル作りに興味があったので、パフェのサンプル作りに行きました!

力加減が分からず、焦りながらやってます。工房のお兄さんに手伝ってもらいます。

16-10-24-19-34-55-592_deco.jpg

最初にソースとクリームを入れるのですが、この時点で世界で1つだけの模様になるんですって。

16-10-24-19-38-33-913_deco.jpg

次は上のソフトクリームを渦を巻きながら重ねていきます。一発勝負です。緊張します。

qwhj.jpg

最後は飾りつけ!自分の好きなように配置して・・・完成!

16-10-24-19-37-28-917_deco.jpg

おいしそうですが、食べられません!!!しばらくはビニールの臭いがしますが、そのうち取れるそうです。

部屋に飾ります♬


ねこさんの糖尿病について

こんにちは、獣医師の横田ですhappy01

今回は、猫さんの糖尿病についてお話しさせていただきます。

糖尿病とは、膵臓のβ細胞から分泌されるホルモンがうまく働かない状態のため、高血糖や尿糖が排

出される状態のことです。猫さんの糖尿病は、インスリンを必要とするインスリン依存性糖尿病と、イン

スリン非依存性糖尿病に分けられます。また、様々な病気や環境や外的などのストレスによって、簡

単に血糖値が一時的に上がってしまう耐糖能障害もあります。これは、今すぐに治療が必要ではあり

ませんが、今後インスリン非依存性糖尿病を示す可能性はあります。

治療は、一般的にはインスリン製剤の投与と適切な食事を与えることになりますが、症状や病気の進

行度によっては(インスリン非依存性の場合など)食事療法だけでのコントロールや内服薬により行え

ることもあります。治療をしないままにしておくと、病気が進行して全身の臓器に対して合併症を引き起

こすことがあります。

このため、早期発見、早期治療がすごく大事だと思います。年に1~2回の健康診断って必要です

ね?!

何か、気になることがありましたらお声をおかけくださいね~ happy01


アステールにもサンタさんがやってきた!

こんにちは!村山ですaries

あっという間に12月ですね!

街中ではイルミネーションもはじまりクリスマスムード全開ですねxmas

今年は土曜日曜にクリスマスイブとクリスマスなので、家族や恋人、お友達と過ごせる人が多いのではないでしょうかnotes

とても賑やかになりそうですねheart01

アステールにも小さなサンタさんが来てくれましたlovely

sorasannta2.JPG

 

メロメロですheart02こんなに可愛いサンタさんが来てくれたら、プレゼントはいりません!(笑)

恥ずかしがり屋さんなのに、お写真撮らせてくれてありがとうconfidentshine

みなさん素敵なクリスマスをお過ごしくださいclover


1

« 2016年11月 | メインページ | アーカイブ | 2017年1月 »

このページのトップへ