HOME > ペットのこんなことで困っていませんか? > 急にキャンとなく > 急にキャンとなく

ペットのこんなことで困っていませんか?

< どんどんやせていく  |  一覧へ戻る  |  顎の下が腫れている >

急にキャンとなく

【急にキャンとなく】考えられる病気

椎間板ヘルニア・体の不特定部位の痛み・精神的な問題

【急にキャンとなく】原因

抱き上げたり、なでようとしたときにキャンと鳴くのはどこかしら痛い可能性があります。
椎間板ヘルニアなどのように痛がるのと同時に後ろ足が麻痺するならば早急に動物病院に行く必要があります。どこか痛がるが、歩行や元気食欲に問題がない場合でも椎間板ヘルニアの可能性は否定できないし、1、2日様子みても改善ない場合は獣医にご相談してください。
また家族の気を引くためであったり、精神的な問題の可能性もあります。特に小型犬は非常に繊細なので、過去にどこかを痛めた記憶とかも思い出して鳴いてしまうことがあります。家族があまり気にして声をかけたり、構うようになると、そういった行動を助長してしまうので気をつけましょう。


カテゴリ:

< どんどんやせていく  |  一覧へ戻る  |  顎の下が腫れている >

同じカテゴリの記事

このページのトップへ