HOME > 腫瘍 > アーカイブ > リンパ腫

腫瘍 リンパ腫

リンパ腫

① リンパ腫の概要

リンパ腫とは、白血球の中で免疫に関わる働きをするリンパ球(全身のリンパ節、リンパ組織あるいは肝臓や脾臓などの臓器)が腫瘍性に増殖する悪性腫瘍性疾患です。リンパ腫は、造血系(血液系)の悪性腫瘍で約90%を占めるもっとも発生の多い腫瘍といわれております。
体のほぼ全ての組織に発生する可能性があり、発生する部位によってはいくつかのタイプに分類されています。列挙しますと、全身のリンパ腺が大きく腫れてくる「多中心型リンパ腫」、皮膚病変として現れてくる「皮膚型リンパ腫」、胃や腸管に出てくる「消化管型リンパ腫」、胸の縦隔という部分の「縦隔型リンパ腫」、腎臓や眼、鼻咽頭、神経にできる「節外型リンパ腫」などのです。
 犬では原因はまだ確認されていませんが、特定の品種に多発するため遺伝的素因が関連しているという仮説が立てられます。他方で、猫では猫免疫不全ウィルス(猫エイズ)や猫白血病ウィルス等のウィルス感染や犬同様に遺伝的素因、その他様々な原因によって起こります。

② 症状

リンパ腫は腫瘤をつくる場所によりいくつかの型に分かれ、症状もそれぞれ違いますが、だいたい4つぐらいに分類されるといわれております。まずは多中心型といって、全身のリンパ節が腫脹したり、肝臓・脾臓・骨髄などが侵されます。また全身もしくは局所の浮腫や、病変の存在する臓器の機能異常がおきます。
 次に、消化器型といって、胃や腸に腫瘍ができるため、食欲不振や嘔吐、下痢などの消化器症状をおこします。さらに縦隔型といって、右肺と左肺の間にある縦隔とよばれる部分のリンパ節の腫脹によって胸水が貯留し、呼吸困難や発咳を引きおこします。最後に、節外型といって、腎臓・神経・鼻咽頭・眼など様々な組織や器官が侵され、症状は侵されている臓器や器官によって異なります。主に腎リンパ腫では、腎不全による食欲不振や嘔吐、鼻咽頭リンパ腫では、くしゃみ・鼻汁・いびきのような呼吸・顔面の変形など、皮膚のリンパ腫では始めは、脱毛や痒み・発赤など様々な症状がみられます。
ゴールデン・レトリーバー、ラブラドドール・レトリーバー、ビーグルなど発症しやすい犬種が知られており、遺伝的要因が関係している可能性があります。

③ 診断と治療


1

« 血管肉腫 | メインページ | アーカイブ | 肥満細胞腫 »

このページのトップへ